アプリの基本

タブレットは、さまざまなアプリを追加(インストール)することで機能を拡張することができます。不要になったアプリは、削除(アンインストール)することができます。

この記事は、下記の条件下で作成しています。ご利用環境によって、本文の内容と実際の画面が異なる場合があります。

アプリの基礎知識

アプリとはアプリケーションソフトの略で、タブレットやスマートフォンなどに組み込んで使うソフトのことです。ニュースや天気のチェック、メールの送受信、地図やカーナビ、音楽や動画の視聴など、目的に応じてさまざまなアプリを使い分けることができます。

アプリについては、アプリとウィジェットのページでもくわしく紹介しています。

タブレットには、いくつかのアプリがあらかじめ組み込まれています。その種類や数は、機種によって異なります。また、好みに応じてアプリを追加することもできます。アプリを追加するには、「Google Play(Google Play ストア)」を利用するのが一般的です。

Google Playとは

Google Playは、アプリやゲーム、映画などを配信するサービスです。Google Playの利用料は、無料です(一部のアプリ・コンテンツは有料)

Google Play を利用するためには、Googleアカウントでログインしなければなりません。また、インターネットに接続する必要があります。

Google Play 以外にも、Amazon.co.jp が運営するAndroidアプリストアなどでもアプリを入手できます。

通常、Androidタブレットのホーム画面には、Google Playにアクセスするためのショートカットアイコンが用意されています。

Androidタブレットのホーム画面 Google Playのアイコン

アプリの追加(インストール)

タブレットにアプリを追加することを、「アプリをインストールする」といいます。Google Playでは、さまざまなアプリをインストールすることができます。

メニューや検索機能を使って目的のアプリを探し、インストールをタップします。

Google Play アプリのインストール

アプリの追加(インストール)について、くわしくは下記ページで紹介します。

アプリの追加のしすぎに注意
アプリをどんどん追加すると、タブレットのストレージ(記憶装置)容量を圧迫して、動作が安定しないなどの不具合が生じることがあります。定期的に不要なデータを削除するなどの対策が有効です。

アプリの起動

アプリをインストールすると、ホーム画面にアイコンが追加されます。このアイコンをタップすると、アプリを起動することができます。

ホーム画面のアイコンをタップしてアプリを起動

アプリをたくさんインストールすると、ホーム画面上にアイコンが大量に並び、使い勝手も見栄えも悪くなってしまいます。これを解決する方法については、下記ページで紹介します。

アプリ使用中に別のアプリを起動する

あるアプリを使用中に別のアプリを起動させたい場合は、ホームキーをタップします。ホーム画面に戻ったら、目的のアプリアイコンをタップして起動します。

ホームキーをタップしてホーム画面に戻る

最近使ったアプリ

最近使ったアプリを表示するには、タスクキーをタップします。

タスクキーをタップして最近使ったアプリを表示する

アプリのサムネイル(画面を縮小したもの)をタップすると、アプリ画面を再表示することができます。また、この一覧から削除するには、サムネイルをフリックします。

最近使ったアプリ表示画面

アプリの削除(アンインストール)

不要になったアプリを削除することを、「アプリをアンインストールする」といいます。アプリをアンインストールするには、Google Playや設定アプリを使います。

「Google Play」でアプリをアンインストール
「Google Play」でアプリをアンインストール
「設定アプリ」でアプリをアンインストール
「設定アプリ」でアプリをアンインストール
アプリの中には、システム上、削除(アンインストール)できないものもあります。

アプリを削除(アンインストール)する方法について、くわしくは下記ページで紹介します。

関連ページ

2014年9月16日