インターネット接続方法

タブレットをフル活用するには、インターネットへの接続が欠かせません。ここでは、タブレットをインターネットに接続する方法についてご紹介します。

タブレットの通信方法

タブレットの通信方法には、大きく分けてつぎの2つのモデルがあります。

  • Wi-Fi モデル
  • LTE/4G モデル

Wi-Fi モデル

Wi-Fi モデルのタブレットは、主に家電量販店などで購入できます。Wi-Fiとは無線LAN規格の一種です。Wi-Fi モデルのタブレットは文字通り、Wi-Fiに接続することでインターネットを利用できます。

Wi-Fiについて、くわしくはWi-Fiの使い方~Wi-Fi初心者用ガイド~をご覧ください。

Wi-Fi モデルのインターネット接続方法

Wi-Fi モデルのタブレットをインターネットに接続するには、つぎの方法があります。

  1. Wi-Fiルーター
  2. モバイルWi-Fiルーター
  3. テザリング
  4. Wi-Fiスポット
1.Wi-Fiルーター
自宅にWi-Fi環境があるなら、そのままタブレットをインターネットに接続することができ、別途料金を払うことはありません。まだ有線でのネット接続環境ならば、Wi-Fiルーターを用意する必要があります。
Wi-Fiルーターへの接続手順について、くわしくはWi-Fiルーターに接続する方法をご覧ください。
2.モバイルWi-Fiルーター
ケータイキャリアや通信事業者と契約してモバイルWi-Fiルーターを手に入れることで、外出先でもインターネット接続が可能になります(サービス提供エリア内のみ)。
3.テザリング
テザリングとは、スマートフォンが「中継機」となってインターネットに接続することです。ただし、スマートフォンにテザリング機能を搭載していることが条件です。
4.Wi-Fiスポット
ケータイキャリアなどが提供する有料Wi-Fiスポットや、コンビニなどで利用できる無料Wi-Fiスポットがあります。

LTE/4G モデル

LTE/4G モデルのタブレットは、主にDocomoやau、ソフトバンクといったケータイキャリアで購入できます。LTE/4G は、もともと携帯電話のための通信技術で、利用可能範囲が広いことが特徴です。

LTE/4G モデルのインターネット接続方法

ケータイキャリアや通信事業者との契約が必要です。費用は、月額数千円程度かかります。くわしくは、各ショップなどで確認してください。通信費を抑えるために、格安SIM(月額1000円程度)を利用するという方法もあります。

また、LTE/4G モデルのタブレットは、Wi-Fiに接続することも可能です。LTE/4G 回線には通信制限があるため、インターネットの接続にはWi-FiとLTE/4Gとを使い分けるといいですね。


このサイトでは、豊富な機種から選ぶことができるWi-Fi モデルのタブレットの使い方を中心に紹介しています。

関連ページ

2014年8月21日