電子書籍を読む方法

タブレット電子書籍読むには、電子書籍リーダーと呼ばれるアプリを使います。電子書籍は、専用のストアで購入・ダウンロードすることができます。

Androidタブレットで電子書籍を読む方法

タブレットで読める電子書籍は、「ストア」で手に入れることができます。ストアには複数のサービスがあり、それぞれコンテンツの内容や数などが異なります。

Androidに対応する電子書籍ストアの例

ここでは、Androidタブレットで読める電子書籍を扱うストアの一例を紹介しておきます。それぞれのサービスで利用する電子書籍リーダーアプリは、無料でインストールできます。

アプリのインストールについて、くわしくはアプリの基本をご覧ください。

Google ブックス

Google ブックスは、Googleが展開するサービスで「Google Play」の中の「書籍」コーナーで配信されています。利用するには、Googleアカウントの登録(無料)が必要です。すでにGoogle アカウントをタブレットに登録しているなら、同じアカウントをそのまま利用できます。

Google ブックスで入手した電子書籍を読むには、「Google Play ブックス」アプリを使います。たいていのAndroidタブレットなら、標準で搭載されているアプリです。

Google ブックスで有料の電子書籍を購入する方法については、アプリの購入方法をご覧ください。

Kindleストア

Kindleストアは、Amazonが展開するサービスです。利用するには、Amazonアカウントの登録(無料)が必要です。

以前は、Amazonが販売するKindle端末でしか利用することができませんでした。しかし現在では、Androidタブレットでも「Kindle 電子書籍リーダー」アプリを導入することで、Kindleが配信する書籍を読むことができます。

楽天Kobo電子書籍ストア

楽天Kobo電子書籍ストアは、楽天ブックスが展開するサービスです。利用するには、楽天会員の登録(無料)が必要です。電子書籍の購入に、楽天スーパーポイントが使えます。

楽天Kobo電子書籍ストアで入手した電子書籍を読むには、「楽天Kobo」アプリを使います。

Reader Store

Reader Storeは、ソニーが展開するサービスです。利用するには、My Sony Club会員の登録(無料)が必要です。

Reader Storeで入手した電子書籍を読むには、「Reader」アプリを使います。

関連ページ

2014年10月3日