マップアプリの使い方

タブレット地図を見るには、マップアプリを使います。Androidタブレットでは、標準のマップアプリとして「Googleマップ」が搭載されています。このページでは、Googleマップアプリの基本的な使い方を紹介します。

マップアプリの使い方

マップアプリは、ただ単に地図を表示するだけではありません。現在地の自動表示や経路検索、公共交通機関の乗り換え・料金案内など、いろいろと便利な機能があります。

すでにパソコンでGoogleマップを利用したことがあるなら、タブレットでも同じ感覚で使うことができるでしょう。

マップアプリの起動

まずは、マップアプリを起動してみましょう。

マップアプリ

はじめてマップアプリを使用する場合、「Googleマップへ ようこそ」画面が表示されます。利用規約やプライバシーポリシーに同意できるなら、「同意して続行」をタップします。

Googleマップへ ようこそ

検索候補や経路検索などを向上するためには、定期的に現在地のデータを保存する必要があります。「保存する」をタップします。

Googleマップをもっと便利に

マップアプリの基本的な使い方

地図の拡大・縮小

地図の拡大・縮小は、タッチ操作で行ないます。ダブルタップをすると、一定の倍率で拡大します。ピンチアウトピンチインでは、任意の倍率で拡大・縮小します。

ダブルタップで拡大縮小
ダブルタップ、ピンチアウト・ピンチインとは、タッチ操作方法の1つです。ダブルタップは、2度すばやく触ることです。また、ピンチアウト・ピンチインは、2本の指(基本的に親指と人差指)で操作します。くわしくは、タブレットの基本操作をご覧ください。

現在地の表示

現在地を表示するには、画面右下のアイコンをタップします。

現在地の表示

現在地が画面中央にくるよう地図が表示され、現在地には下のようなマークが表示されます。

現在地のマーク

場所の検索

検索バーをタップします。

場所の検索1

検索バーに、住所や施設名を入力して場所を検索できます。また、周辺スポット機能では、表示中の場所の周辺スポットを検索することもできます。

場所の検索2

経路の検索

出発地から目的地までの経路を調べることができます。検索バーの経路アイコンをタップします。

経路の検索

出発地(例:東京駅)と目的地(例:成田空港)を入力して検索すると、経路が表示されます。タップすると、さらに詳しい情報を見ることができます。

経路の検索2
移動手段の変更

移動手段については、車以外にも、電車・バス、徒歩に変更することもできます。

移動手段の変更

設定メニューを開く

画面左上のアイコンをタップすると、マップアプリの設定メニューが開きます。ここでは、アカウントの切り替えや自宅・職場の編集、マップの閲覧履歴の確認などができます。

設定メニューを開く
「自宅や職場を編集」で住所を登録しておくメリット

経路検索のとき、出発地や目的地に「自宅」や「職場」を簡単に設定できるので便利です。

自宅や職場を編集

その他のGoogleマップアプリの使い方は、モバイル Google マップ ヘルプセンターを参照してください。

関連ページ

2014年9月9日