タブレットの種類と選び方

タブレットには、このサイトで紹介しているAndroidタブレット以外にもいくつかの種類があります。このページでは、タブレットの種類と選び方について紹介します。

タブレットの種類と選び方

タブレットは、そのOS(タブレットを動かすための基本ソフト)によって以下の種類に分けられます。

  • Android タブレット
  • iPad
  • Windows タブレット
  • その他のタブレット

それぞれの特徴について見ていきましょう。

Android タブレット

Android タブレットは、グーグル社が開発したAndroid(アンドロイド)というOSを搭載したタブレットです。もしあなたがAndroid スマートフォンを使っているなら、慣れるのに時間はかからないでしょう。

Android タブレットの特徴

Android タブレットは、機種の多さ価格の安さが魅力です。国内・海外の各メーカーがさまざまな機種を発売しており、お手頃な価格の機種も多いことから、人気が高まっています。

micro SD カードに対応しているので、動画や写真などサイズの大きいデータの保存にも便利です。

アプリはGoogle Play で入手することができます。ホーム画面に配置できるウィジェットも大きな特徴です。くわしくは、アプリとウィジェットをご覧ください。

Android タブレットの特徴まとめ
  • 機種が多い
  • 価格が安い
  • micro SD カードに対応
  • ウィジェットが使える
  • はじめてのタブレットとしておすすめ

Android タブレットの最新機種をAmazonでチェックする

iPad

iPadは、Apple(アップル)社が開発したiOSを搭載したタブレットです。スマホのiPhone(アイフォン)に搭載されているものと基本的に同じです。

iPadの特徴

iPadは操作性に優れたタブレットで、国内市場でも長らくトップを走り続けていました。しかし、ICT総研の調査(※)によると、2015年度には国内シェアトップの座をAndroidタブレットに譲っています。これは、Androidタブレットに比べてiPadがやや価格が高いことが影響したのかもしれません。

※ 2016年度 タブレット端末に関する市場動向調査
URL:http://ictr.co.jp/report/20160628.html

App Storeで配布されているアプリは、アップル社による厳しい審査をクリアしているので安心です。また、直感的に操作できることから、年配の方や子ども向けのタブレットとしてもおすすめです。

iPadの特徴まとめ
  • 操作性がよい
  • 価格が高め
  • アプリの安全性が高い
  • micro SD カードには非対応
  • 年配の方・子ども向けとしておすすめ

iPadの最新機種をAmazonでチェックする

Windows タブレット

Windows タブレットは、マイクロソフト社が開発したWindowsを搭載したタブレットです。

Windows タブレットの特徴

Windows パソコンと同じ機能を使うことができ、パソコンとの連携もかんたんなので、ビジネス用のタブレットとして使う人が増えているようです。さまざまなメーカーから発売されていますが、特にマイクロソフト社製のSurface(サーフェス)が人気です。

アプリはMicrosoft ストアで手に入れることができますが、Android タブレットやiPadに比べるとアプリの種類が少ないのが欠点です。

Windows タブレットの特徴まとめ
  • パソコンと同じ機能を持つ
  • アプリが少ない
  • micro SD カードに対応
  • ビジネス用のタブレットとしておすすめ

Windows タブレットの最新機種をAmazonでチェックする

その他のタブレット

上記以外の機種で人気が高いタブレットには、Amazon社製のFire タブレットや、楽天Koboの電子書籍リーダーなどがあります。

関連ページ

2014年8月18日