タブレットの各部名称

タブレットを購入したら、まずは電源などのボタンの配置名称、それぞれの機能についてチェックしておきましょう。タブレットは本体そのものがコンパクトなので、とてもシンプルなつくりになっています。

タブレットの各部名称

機種によって、配置や名称などが異なります。このページでは、ASUS製のMeMO Pad 7 ME176の例をご紹介します。

前面

タブレット前面

①フロントカメラ

スカイプなどのビデオチャットを利用するときなどに使います。MeMO Pad 7 ME176の場合はインカメラと呼ばれ、画素数は200万画素です。一般的に、メインカメラよりも画素数が劣る場合が多いようです。

背面

タブレット背面

②メインカメラ

写真や動画の撮影などに使います。MeMO Pad 7 ME176の場合はアウトカメラと呼ばれ、画素数は500万画素です。

③スピーカー

MeMO Pad 7 ME176の場合、背面の1箇所に搭載されています。

上面

タブレット上面

④イヤホン端子

イヤホンを接続できます。

⑤microUSBポート

USBケーブルを接続して、データのやり取りや充電をすることができます。

⑥マイク

検索時の音声入力や、通話アプリを利用するときなどに使います。ここを手やカバー等で覆ってしまうと上手く音声を認識してくれませんので、マイクの位置は必ずチェックしておいてください。

右側面

タブレット右側面

⑦ボリュームボタン

+と-のボタンで、音量を調節することができます。

⑧電源ボタン

長押しすると電源のオン・オフができ、短く押すとスリープの設定・解除ができます。

左側面

タブレット左側面

⑨microSDカードスロット

MeMO Pad 7 ME176 の場合、microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカードを利用できます。


その他の機種によっては、明るさセンサーやHDMIポートなどを搭載する機種もあります。くわしくは、取扱説明書等で確認してください。

関連ページ

2014年8月19日