アプリのダウンロード・購入に年齢制限を設定する方法

Android タブレットで、アプリやゲーム等のインストール・購入に利用するGoogle Play ストアには、「保護者による使用制限」を設定する機能があります。子どもが使っているタブレットで、アプリやゲームのインストール・購入を制限したいときに便利です。

アプリのダウンロード・購入に年齢制限を設定する方法

Android タブレットでアプリやゲームをダウンロード・購入するには、通常Google Play ストアを利用します。

Google Play ストアのホーム画面
Google Play ストアのホーム画面

Google Play ストアには、ダウンロード・購入の制限を設定する機能(保護者による使用制限)があります。

この記事は、下記の条件下で作成しています。ご利用環境によって、本文の内容と実際の画面が異なる場合があります。

保護者による使用制限の仕組み

Google Play ストアで公開・販売されているアプリの多くには、レーティングが与えられています。

レーティングの表示例
レーティングの表示例

レーティングとは、アプリ・ゲームの内容に応じて与えられる対象者の最低年齢のことです。上の画像では、対象者を12歳以上としていることがわかります。

例えば、後に紹介するGoogle Play ストアの設定画面でアプリ・ゲームの年齢上限を7歳とした場合、Facebookアプリはダウンロードできなくなります。

アプリやゲームの中には、レーティングが与えられていないものもあります。「保護者による使用制限」を設定している場合、レーティングのないアプリはGoogle Play ストア上で表示されません。

保護者による使用制限の設定方法

手順1
タブレットのホーム画面で、Play ストアアイコンをタップします。

Play ストアアイコンをタップ

手順2
画面左上のメニューをタップします。

Play ストア メニューをタップ

手順3
設定をタップします。

Play ストア メニュー 設定をタップ

手順4
保護者による使用制限をタップします。

保護者による使用制限をタップ

手順5
保護者による使用制限をタップしてオンにします。

保護者による使用制限をオンにする

手順6
すると、PINの作成を求められます。PINとは、設定の変更や解除時に必要な暗証番号です。4ケタの数字を入力し、[OK]をタップします。

保護者による使用制限 PINの作成
入力したPINは、メモしておくことをおすすめします。

手順7
PINを再入力し、[OK]をタップします。

保護者による使用制限 PINを再入力

手順8
コンテンツ名(アプリ・ゲーム、映画、音楽など)をタップすると、それぞれの使用制限を設定することができます。

保護者による使用制限 設定したい項目をタップ

アプリ・ゲームの設定画面では、下の図のように年齢上限を設定できます。ここでは、[12歳以上]を選択してみます。

アプリ・ゲームの保護者による使用制限 設定画面

すると、制限に関するメッセージが表示されます。[OK]をタップします。

アプリ・ゲームの保護者による使用制限に関するメッセージ

設定内容に間違いがなければ、[保存]をタップします。

アプリ・ゲームの保護者による使用制限 設定内容を保存

その他のコンテンツの設定画面は、以下の通りです。

映画の保護者による使用制限 設定画面
音楽の保護者による使用制限 設定画面

保護者による使用制限の解除方法

保護者による使用制限をタップしてオフにし、PINを入力すると、設定を解除できます。

関連ページ